先日、高橋は、遠賀のコミュニティーセンターでのイベントに参加しました。

「かみさまとのやくそく」という胎内記憶を語る子供達の映画でした

赤ちゃん〜小さなお子さん連れのお母さんやお父さん方も見えていて
賑やかな、そしてほのぼのした一時でした

多くのお子さんが語る胎内記憶また胎内以前の記憶
凄く面白く興味がわきました。
子供もいない私でも十分楽しめました。

「人の約に立つために生まれてきた、人を幸せにしたくて生まれてきた」
と子供達が語り、「お仕事しにきた」と・・・

「空の上から、テレビのようなものを見て、お母さんを選んできた」とか

「神様が一人いた、とか大仏みたいだったとか」😁

お腹の中から、お母さんのお腹を蹴るとお父さんとお母さんのけんかが止まるとか

特に「お母さんを幸せにしたい」と
お父さんはセミみたいなものだとか(笑)

あれをして欲しいとか
これをして欲しいとか「幸せにして欲しい」とかでなく

「お母さんがいつも笑顔で、お母さんが幸せでいて欲しい」と・・・
だから子供である自分の為に自分を犠牲にしないで欲しいと・・・

興味深いですよね?

是非、子供さんに聞いてみて下さい
又機会がありましたら、そのお話を聞かせて下さい\(^o^)/

又この続きは・・・次回のブログで・・・

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

楓楽の会員様限定キャンペーンや身体に嬉しい情報が届く『メルマガ』を配信中★
登録はこちらから♪
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx24617/furaku

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆