店長の山田です☆

梅雨から残暑にかけて『エアコン』は欠かせないという人も多いかと思います。
もちろん、熱中症対策のためにも大切です。

ただ、夜寝るとき、

「温度設定はどうしたらいいの?」
「タイマー設定した方がいいの?」

など、疑問を持っている人も多いかと思います。

夜寝る時は『冷房』設定がオススメです。

「冷えすぎないように」

と『ドライ』や『除湿』設定にする方もいるかと思いますが、
そのほうが温度を下げてしまうので就寝中は冷え過ぎになってしまいます。

設定温度ですが、人間は就寝中に体温が下がるので起きている時より高めにする必要があります。
一般的に言われている設定温度は27〜28度です。

「ちょっと暑いかな?」くらいの温度にするようにしましょう。

だんだんと温度を上げていく『おやすみ設定』機能があれば、
そちらもオススメです。

また、

「電気代がもったいないし、つけっぱなしもよくないから…」

とタイマーにする方もいますが、

「タイマーが切れて暑くて目がさめてまたエアコンをかけました…」

ということであれば熟睡できず、疲れをしっかりとることができなくなるので、
つけっぱなしの方がいいということになります。

また、つけっぱなしの方が急激に温度を上げる必要がないので電気代も安く済みます☆

ただし、風が体に直接あたるのは良くないのでエアコンの羽の角度の調整を行ってください。
あとは体を冷やしすぎないよう、布団やタオルケットや着るものでも調節を行うようにしましょう。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

楓楽の会員様限定キャンペーンや身体に嬉しい情報が届く『メルマガ』を配信中★
登録はこちらから♪
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx24617/furaku

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆