昼間は暑いですが・・・
夏の晴れた夜空好きです(*^^*)藤岡です☆

夏は汗をかくし、食欲が落ちるのに・・・
夏痩せって聞かないですよね。

体温が上がり過ぎないように調節してくれるのが汗の役割。

そもそも外気温の高い夏は、体温を上げるためのエネルギー(カロリー)を使うことが少なくなります。
カラダの中から産出したエネルギーによる汗ではなく、外気温から体温を保とうとする汗には期待しているほどのヤセ効果はないのです。
それだけでなく、体温をさほど上げなくてよい夏は、基礎代謝の量も低く基本的に太りやすい傾向にあります。

夏に太ってしまった人たちの傾向が以下のとおりです。
1.栄養ドリンクをよく飲む
2.炭酸飲料をよく飲む
3.コンビニなどのパン、外食などでのパン食が増える
4.カップ麺などインスタント食品の利用が増える
5.焼肉などスタミナのつくもの、辛いものなどを積極的に食べている

栄養ドリンクや炭酸飲料を飲み過ぎていませんか?
甘い飲料はカロリーが少なくても糖尿病のリスクを高めるかもしれないと言われているので
一日1本に刷るなど、飲む量に気を付けましょう!

パン類やカップ麺は、つるつると口当たりが良いので「軽く食事をした」と思い込んでしまいがちですが、
実は結構カロリーが高いものなんです。
甘いパンや脂質の多いパンは特に要注意。食べるときは野菜ジュースなどを添えて、よく噛んで食べるようにしましょう。

そして5つ目のスタミナ食。あまりカロリー消費をしない夏場に頻繁に食べると太ってしまう原因に。
スタミナ食と言われるものは、ビタミンやミネラル類が多いのも確かですが、
カロリーも1食あたり1000kcal前後とかなり高め。
汗をかいたし、スタミナ食を食べながらビール(中ジョッキ1杯=ご飯1膳分と同じくらいのカロリー)をがぶ飲み……していると、
夏の終わりには2kg増、ということにもなりかねないので要注意です。

【夏にはビタミン・ミネラルをしっかりと】

「夏バテによる食欲不振を感じる」「やる気が出ない」
「肩こり」「むくみ」「肌荒れ」
夏太りしているのに、夏バテ症状を感じるのは、なぜ?と思われるかもしれませんね。
太ることと、だるさや肩こりや肌荒れなどは、実は大切な関連があるんです。

食べ物として摂った炭水化物、たんぱく質、脂質を上手に使いきるためには、必要不可欠な栄養素があります。
糖質の代謝促進や肩こり防止にはビタミンB1
脂質の代謝や肌の調子を整えるにはビタミンB2
むくみにはカリウム

・ビタミンB1の多い食材……豚肉、大豆、海苔など
・ビタミンB2の多い食材……納豆、卵、舞茸、レバー類など
・カリウムの多い食材……野菜全般、果物全般

暑くて食欲不良になると食事も偏りがちになってしまいますが、
健康維持やダイエットのために、日々の食事に気をつけるのは夏も同じ。
規則正しくバランスよく食事を刷るようにしましょう(*´ω`*)

元気に夏を乗り切りましょう!
藤岡でした(*´∀`*)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

楓楽の会員様限定キャンペーンや身体に嬉しい情報が届く『メルマガ』を配信中★
登録はこちらから♪
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx24617/furaku

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆