寒暖の差に嫌気のさしてる高橋です。
最近、子どもの骨折が増えているという話を聞きます。
事実、30年前とくらべると約2倍にもなっています。いったいなにが原因なのでしょう。
筋力や瞬発力などの運動能力の低下も一因ですが、栄養バランスの悪さからくる骨量の低下も見逃せません。カルシウムの摂取量は高学年になるほど不足しており、特に中・高校生の女性では望ましい所要量を大きく下回っています。
ちなみに、今度6年生になる姪も良く骨折しているようで(^^;)牛乳を良く飲むのに?

実は、牛乳が影響してるという記事を見かけました。

牛乳を飲むと血液中のカルシウムが急激に上昇します。
人体は体内のバランスを保つために余剰のカルシウムを体外に排出しようとします。
この際、カルシウムだけでなくその他様々な栄養素も一緒に排出され、これが「骨粗しょう症の原因」となるのです。

人間や牛の赤ちゃんがどうしてお母さんの乳を飲むのでしょうか?
それは大人のものをまだ食べられないからです。
牛に限らずすべての哺乳動物は、ものが食べられるようになるまでお母さんの乳を飲みます。
離乳期を過ぎて乳を飲み続ける生物はいません。
乳は赤ちゃんのためにあるのです。
そして牛の乳は牛の赤ちゃんのためだけにあり、人間の赤ちゃんは人間の乳を飲んで育つようになっているのです。

牛乳や乳製品は、健康や栄養のためではなく、強制され、思い込みから習慣づけられている嗜好品なのです。

最近の子どもや若者は、確かに体格は大きくなった反面、明らかに体質は劣化しつつある。
それは、糖尿病をはじめとした成人病の増加および低年齢化、気管支喘息・アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎・滲出性中耳炎・アレルギー性結膜炎といったアレルギー疾患の増加をみても明らかである。

ポテトチップス、ケーキ、ドーナツ、コーラにサイダー、毎日好きなだけ食べたり飲んだりしていても体の見た目は大きくなるでしょう。

では、カルシウムはどのように摂取すると良いのか?
それは、又のブログで・・・

◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

楓楽の会員様限定キャンペーンや身体に嬉しい情報が届く『メルマガ』を配信中★
登録はこちらから♪
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx24617/furaku

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆