こんにちは、高橋です  今日は、少し暖かく過ごしやすいですね。
本日は、前回の続きで、「じゃあカルシウムはどうやってとればよいのか?」

この言葉には、大きな間違いがあるのがお分かりでしょうか?
そもそも、牛乳や乳製品から必要な栄養をとっているのではないので
もしあなたが健康なのだとすれば、沢山の自然な食物から必要な栄養をすでにとっているのです。

人間と同じ霊長類のオランウータン・チンパンジーは?
動物は皆、生きたままの丸ごとの栄養が身体に必要だと知っています。
カルシウムの量だけで考えるとインスタントラーメンが骨を強くする食品だと言う事になります。

牛乳には、母乳の3倍もタンパク質が含まれ、その成分87%はガゼインです。
ガゼインは、粘着力の強いにわかタンパク質、食物アレルギーを引き起こすアレルゲンです

ガゼインは木工用ボンドの接着剤にも用いられます、消火器官で分解出来ないものを形成し腸壁にへばりつき
栄養の吸収を著しく妨害します。

決果、栄養が十分とれない、食べ過ぎ、肥満、貧血、疲労感や無気力感を生じます

一方、母乳のタンパク質の主成分はアルブミンで、形成される白いかたまりは非常に小さく柔らかいので
赤ちゃんでもたやすく消化できるのです。

ガゼインは、呼吸器系にも致命的なダメージを与え体内に有害な影響を与えます
アメリカで、喘息患者に牛乳・乳製品を摂らないよう指導する医師もいるそうです

摂取をさけることにより、様々な身体の不調が改善してるようです

以前は「完全栄養食品」と呼ばれ身体に良いとされてきた牛乳。
研究がすすみ医療の現場でわかってきたことは、牛乳は身体に良くないという現実・・・

まだまだ長くなりそうです・・・が気になる方はネットで少し調べてみては、いかがでしょう

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

楓楽の会員様限定キャンペーンや身体に嬉しい情報が届く『メルマガ』を配信中★
登録はこちらから♪
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx24617/furaku

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆