年末年始の暖かかったせいか寒さが身にしみる・・・高橋です。

人間が物質を体内に取り込む経路は、3つあります。
飲食物を口から取り入れる「経口吸収」
呼吸によって取り入れる「経気道吸収」
皮膚から吸収する「経皮吸収」
経皮毒は、学術用語ではありませんが経皮吸収により有害な物質を体内に取り入れてしまうことを指します。

食べ物に気を付けている人でも、意外と無頓着な事も多く・・・
経皮吸収された物質は、経口吸収よりも排出されにくいので危険と言われてます。
経口吸収された化学物質は、肝臓を中心とした器官を経由し分解、排出されます。肝臓で分解できず蓄積する物質もあります。
が、多くは数日中に排出されます。

一方経皮吸収された化学物質は、10日後でも10%ほどしか排出されず、皮下脂肪や子宮などに蓄積されます。
化学物質分解率は、わずか2%といわれてます。

経皮毒の影響・病気につきましては、次回の高橋ブログで更新しますね