こんにちは篠崎です。皆さんアロマという言葉は聞いた事があるでしょうか?最近アロマデュフューザーやアロマポットなども雑貨屋さんなどで手軽に手に入るので香りを楽しむ人が増えてきましたね。今日はアロマオイルについてのお話をします。

アロマとは

アロマとは何でしょうか?アロマオイルやアロマキャンドルなどアロマとは「芳香」という意味です。アロマオイルは植物や果物から抽出した精油と呼ばれるエッセンシャルオイルの事です。また合成香料を使用したフレグランスオイルの事を指す場合もあります。

精油と呼ばれるエッセンシャルオイルは100%天然の成分のものです。精油はその種類によっていろいろな効能があります。その効能をいかした自然療法をアロマテラピーといいます。香りの成分でリラックスさせたり、不眠や咳などにも効果があるものがあります。

アロマオイルの楽しみ方①

アロマの香りを楽しむためにいくつかの方法がありますが今回は症状によっての選び方や使い方をご紹介します。まずは簡単にアロマデュフューザーなどを使って蒸気で香りを楽しむ方法です。香りの湯気を吸入することで呼吸器系の不調を和らげたり、お肌に潤いを与えることができます。

アロマデュフューザーによって使い方は違いますが比較的に広範囲で香りが広がる為、お部屋の芳香に使う方が多いですね。私は寝室で使っています。ちなみに眠りを誘う精油は「ラベンダー」が有名です。「ゼラニウム」や「ローズウッド」などもいいですね。

アロマオイルの楽しみ方②

またハンカチやティッシュペーパーやコットンなどに精油を1~2滴落とし、鼻に近づけて吸入し、香りを楽しむ方法もあります。直接肌に触れないように気をつけてくださいね。

枕元に置いたり、花粉症や風邪気味の場合は、マスクの皮膚につかない部分に1滴落とします。鼻水やくしゃみが軽減されます。鼻水やクシャミに「ユーカリやペパーミント」が効果的です。

アロマオイルマッサージ

当店でもオイルを使いリンパドレナージュのメニューがありますがオイルを使ってリンパの流れを良くするというものです。精油は直接肌につけると刺激が強すぎるのでキャリアオイルに精油を混ぜて希釈して使います。キャリアオイルとはベースになるオイルで植物性のホホバオイルやスイートアーモンドオイルなどです。

キャリアオイル10mlに対して精油を1~2滴入れて使う分だけ作ります。マッサージをしたり肌の保湿で使います。例えば肩が凝るときはキャリアオイルにローズマリーを混ぜてトリートメントをします。

バスオイル

乾燥肌の方や、乾燥の気になる季節には保湿力のあるバスオイルがおすすめです。湯船に1~2滴入れるだけで簡単に出来ます。しかしリラックスできる効果があるものがおすすめです。

ラベンダーなどが一番手軽に使いやすいですね。精油の種類によっては血圧をあげてしまったり、目を覚ます種類のものもありますので注意が必要です。

アロマを使う時の注意点

アロマオイルを使う時に注意する事がいくつかあります。「原液を直接皮膚につけない。」精油はそのままでは刺激が強すぎるので薄めて使います。もし皮膚についてしまったらすぐ水で洗い流すようにして下さい。

種類によっては光毒性のものがあります。紫外線にあたると皮膚が炎症を起こす場合があります。「グレープフルーツ」「レモン」「ベルガモット」などがそれにあたります。光毒性をもつエッセンシャルオイルを使用した際は、その後しばらくは太陽光を避けるようにしてください。

その他には3歳以下の乳幼児や妊婦さんなどにはホルモンの作用を強めるものもあります。香りを楽しむだけなら問題はないですがトリートメントは刺激が強すぎるために避けた方がよいでしょう。

まとめ

今では一般的になったアロマオイルですが香りを楽しむだけではなくいろいろな効能があるので症状によっても楽しめる事がわかりました。これからの寒い季節に風邪予防に免疫力アップの「フランキンセンス」「ユーカリ」などを使うといいですよ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

楓楽の会員様限定キャンペーンや身体に嬉しい情報が届く『メルマガ』を配信中★
登録はこちらから♪
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx24617/furaku

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆