こんにちは篠崎です。先日、アロマオイルの使い方のお話をしました。アロマオイルは簡単に使えてそれぞれの症状にあった使い方があるとお話しましたが今日はもう少し詳しく症状別にどのアロマがどういう効果的があるかをお話しようと思います。

アロマオイル

アロマオイルのイメージは香りを楽しむという癒しやリラックス効果が強いと思われがちですが症状に合わせて使えば驚きの効果があります。どんな使い方でもかまいません。お部屋に香りを漂わせたり、直接肌に塗ってマッサージをしたり楽しみ方はたくさんあります。

日常生活の中でアロマオイルを取り入れるためにはまずアロマオイルの効能を知らないといけません。香りの成分が脳に働きかける事で自律神経のバランスを整えたり、筋肉など身体の不調をやわらげたりもできます。

主に心に働きかけるもの

アロマオイルにはストレスの緩和に適しているオイルはラベンダー、ゼラニウム、イランイラン、フランキンセンス、ベルガモット、マジョラムです。とくにベルガモット、マジョラムはイライラを抑える働きがあります。不眠の改善にはラベンダー、スイートオレンジ、ベルガモット、フランキンセンスなどです。

逆にリフレッシュする効果があるものはグレープフルーツ、レモン、ペパーミント、ローズマリー、ユーカリなどです。集中力を高めるオイルはレモン、ローズマリー、グレープフルーツ、レモングラス、バジル、ティーツリー、ユーカリです。心を休めるものとスッキリさせるものは違うので気をつけて下さい

主に身体に働きかけるもの

また身体に働きかけるオイルもあります。風邪予防にいいオイルはユーカリ、ティーツリー、頭痛がある時はラベンダーやペパーミント、ちなみにユーカリ、ティーツリー、ペパーミントは花粉症予防にもなります。

肩こりや筋肉痛にいいのはレモングラスやローズマリー、ラベンダー、ユーカリです。サイブレス、レモングラスはむくみにもいいです。冷え性にはスイートオレンジ、ローズマリーなどです。ゼラニウムやイランイランはホルモンバランスを整えます。

肩こりにアロマ

先程も述べたように肩こりにはアロマオイルが効果的です。肩こりは筋肉に乳酸が蓄積されて、血液の循環が悪くなる事でおこります。なので筋肉に作用するアロマオイルを使い
肩こりを解消するのが効果的です。

洗面器にお湯を入れ、アロマオイル(ラベンダー1滴とローズマリー1滴)を入れてタオルを浸します。やけどしないようにタオルをしぼります。しぼったタオルんを首や肩にあてます。またアロママッサージも有効です。ベースオイル10ml(ホホバオイル)にユーカリとレモングラスを1滴ずつ入れてそのオイルで首や肩、鎖骨周りをマッサージするといいですね。

まとめ

アロマオイルは癒しだけでなくたくさんの効能があります。疲れや、寒い冬で冷えてしまった身体や長時間のデスクワークや肩のこりにも、自分好みの癒しのアロマの香りを見つけてセルフケアをしてみてはいかがでしょうか?

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

楓楽の会員様限定キャンペーンや身体に嬉しい情報が届く『メルマガ』を配信中★
登録はこちらから♪
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx24617/furaku

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆