こんにちは篠崎です。立ち仕事やたくさん歩いた後、また座りっぱなしでも足はむくみますね。足のむくみで悩んでいる方は多いのではないでしょうか?足がむくんでいる時は最大4cmも太くなると言われています。今日は足がむくむ原因や改善の仕方のお話をします。

何故むくむの?

足のむくみは、デスクワークや長時間の立ち仕事など、同じ姿勢が続いた場合に重力の影響で血行が悪くなることが原因です。足は心臓から遠くて水分などが下に溜まりやすくなっている為むくみがおきます。

また疲れが溜まったときや睡眠不足などの時も心臓の機能が落ちるために、むくみやすくなります。特に女性や高齢者は男性に比べて筋肉量が少ないので、血流を促すポンプ作用が弱いため、心臓に血液が戻って行きにくく、足がむくみやすくなるのです。

また、夕方になるにつれて、足の筋肉が疲労してポンプ作用がさらに弱くなり、むくみやすくなってしまいます。日頃の運動不足や冷え、ストレスや睡眠不足、ヒールの高い靴なども、血流が妨げられてむくみの原因になってしまうので注意が必要です

むくみをとるマッサージ法

足のむくみを一気に解消するには、足先から心臓に向かってリンパを流してあげるのがいいですね。まずは足首からほぐしていきましょう。

1. 椅子に座り、右手で右足の足首をつかみ、右足の指と左手の指を組んで足首を回します。
2. 反対の足でも同様に回します。足の指の付け根を手で握り、一本ずつぐるぐると回しても良いでしょう。
足の指を刺激することで血行が促されます。

3. 右足のひざを90度くらいに曲げて、ふくらはぎを両手のひらでつかみ、タオルをしぼるように下から上へとほぐしてリンパを流していきます。太ももまでしぼり上げるようにしましょう。左足でも同様にします。

また、仰向けに寝ながら片膝を立て、その上にもう片方のふくらはぎを乗せて、上の足の力を抜いて前後に動かしていきます。ぶらぶらと動かすだけでふくらはぎがほぐれ、むくみの改善につながります。

むくまない生活習慣

むくみはいつも何気なくやっている生活習慣によってむくみやすくなる習慣もあれば、むくみにくくなる習慣もあります。むくみにくくなる習慣がクセになっていれば、自然と足のむくみが解消されていきます。日常生活では適度な運動を心がけ、体を冷やさないように気をつけましょう。歩くときに、しっかりと膝を曲げて歩くようにしましょう。簡単なことですが、これだけでも足の筋肉がいつもより使用されます。

また食生活においてもむくみにくくする事ができます。塩分の摂取を控え、利尿作用のあるカリウムを含む食品を積極的に摂るようにする事がむくみにくくします。カリウムは、バナナやリンゴなどの果物、野菜、豆類などに多く含まれるので、これらの食品をバランスよく摂取することが大切です。

まとめ

足のむくみは長時間の同じ姿勢でむくみます。ふくらはぎの筋肉をつけて心臓まで血液を送る事ができればむくみは解消されます。むくみがひどいようであれば足のマッサージなどをして解消する事ができます。なかなかとれないむくみなどは病気が原因の場合もありますので気をつけてくださいね。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

楓楽の会員様限定キャンペーンや身体に嬉しい情報が届く『メルマガ』を配信中★
登録はこちらから♪
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx24617/furaku

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆