妊娠中に腰が痛くなる方はかなり多いです。

 

 

もちろん筋力の問題や姿勢の問題に加えて体重の増加など腰に負担がかかる要因が多いのは事実なのですが、今日はその妊娠中の腰痛を緩和する方法をお伝えしようと思います。

 

 

 

妊娠中に腰が痛くなる原因

妊娠中は妊娠前に比べて必ず体重が増えると思います。

 

 

今までは自分の筋力で支えられていたものが急に体重が増えるため自分の筋力だけでは自分の体を支えにくくなります。

 

スポンサーリンク


 

そこでほとんどの方が無意識に楽な体勢を取ろうとして腰から上が後ろに傾いてしまうのです。

 

 

お腹に赤ちゃんがいるのでどうしても体のお腹側の方が重たくなるため、普通にまっすぐ立つと重心が前寄りになってしまいます。

 

 

そこでバランスを取るため腰を後ろにそらし頭を後ろに持っていくことでバランスが取れ重心が中央にくるのです。

 

 

つまり妊娠中の方はどうしても反り腰の状態になってしまいやすいのです。

 

 

 

 

さらに妊娠前よりも股関節を動かさなくなった方などは腸腰筋とよばれる腰や骨盤から大腿骨についている筋肉が硬くなります。

 

 

これも反り腰を助長してしまうのです。

 

 

 

妊娠中の腰痛を緩和する方法

体を横から見た時にお腹は前に、頭は後ろにいき、腰は反っている状態、これが腰痛の原因なのでこれを治してあげることで腰痛は緩和できます。

 

 

具体的には腰を反るのではなく骨盤を少し後ろに倒すイメージです。

 

 

その後ろに倒した骨盤の上に赤ちゃんを乗せているイメージだと腰が反りにくくなります。

 

 

お尻をキュッとひきしめて恥骨を少し前に出すようにするとこの姿勢になります。

 

 

 

 

これができるようになると頭を後ろに倒さなくても重心バランスが取れるようになるので腰の負担がぐっと減ります。

 

 

妊娠中の方で腰痛に悩まれている方は姿勢に気をつけて腰を反らずに骨盤を少し後ろに傾けることを意識してみてください。

 

腰痛を歩き方だけで改善する方法

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

楓楽の会員様限定キャンペーンや身体に嬉しい情報が届く『メルマガ』を配信中★
登録はこちらから♪
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx24617/furaku

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆