こんにちは斉藤です。日中は暖かくなってきて夏に向かっていますね。私は暖かい時期のほうが外で運動する機会が増えてきます。皆様はどうでしょうか?薄着にもなるのでダイエットを行う方も多いのではないでしょうか?そこで運動や仕事の疲労を溜め込まないにはどうしたらいいのかを紹介したいと思います。

①ストレッチなど軽い運動

急な激しい運動は筋肉を痛めてしまい筋肉の疲労回復力が低下してしまいがちになります。軽いストレッチやヨガなどで筋肉を和らげたりほぐしてやることが大事です。ゆっくりとした動作でゆっくり深呼吸をしながら行うことをオススメします。

運動後や運動前はストレッチが効果的ですので疲労を溜め込まないためにも10分30分のストレッチを取り入れましょう。ちなみに某野球選手はストレッチに2時間位かけるそうです。筋肉を使いすぎて筋肉が収縮された状態だと血行が悪くなり老廃物も溜まりやすくなります。

②アミノ酸やクエン酸を摂取する

アミノ酸は疲労回復や美容・筋肉の増強にも効果があるのでオススメです。アミノ酸は聞いたことあるが、クエン酸と聞いてもぱっとしない方も多いのではないでしょうかレモンなどの柑橘類に多く含まれる成分で筋肉の疲労回復をお手伝いしてくれます。筋肉が疲労すると乳酸が溜まってその乳酸が筋肉の疲労回復を阻害するのでクエン酸で乳酸を減らすという考えがあります。

しかし最近の研究では筋肉だ疲労したときの乳酸は疲労回復を高める筋肉の非常食みたいなもので阻害をしているのではなく、いいことをしてくれている成分と発表されています。では何故クエン酸を摂取するのかというと、クエン酸は筋肉や体の機能を維持する成分でもあるので筋肉が疲労してクエン酸(バッテリー)が減るので補給をしてやると身体の流れが良くなります。

③お風呂にゆっくり浸かる

私はもっぱらシャワー派なのですがどうしてもきついと思う時は湯船に浸かったりします。熱いお湯に浸かるのが好きという方も居ると思いますが、30分程度・37℃~42℃くらいのぬるま湯で浸かるほうがおすすめできます。

37℃~39℃くらいの水温だとリラックス効果をあげてくれて睡眠をサポートしてくれます。また39℃~42℃くらいが疲労回復をサポートしてくれるとも言われていますので目的別に浸かってもいいと思います。

睡眠の1時間~2時間前に入浴するのも快適な睡眠には効果的です。お風呂に浸かって温まった身体が1時間~2時間かけて体の熱を解き放ってくれるからです。

④気持ちをリラックスさせる

気持ちをリラックスさせるのも肝心です。深呼吸ですが5秒かけて鼻から息を吸って2秒呼吸を止めます。ゆっくり口から息を吐きます。他にも手や足にグーッと力を込めて一気に力を抜いてダラーンとします。緊張を緩めましょう。

気分をリラックスさせるものを紹介します。

1,部屋の片付けを行う。いらないものやゴミを片付けていくと気持ちがやすらぎます。しなくちゃいけないという感じではなくゆったり行ないましょう。

2、ほっとレモンティーをお気に入りの椅子でゆっくり飲む。自分の定位置や安らげる場所で休憩を。

3,動物を触る見に行く。ペットショップなどデパートやホームセンターにあるので癒されに行く。

4,泣く。映画を見たり感動できるものを見て涙を流す。悲しみや怒りの開放などの効果があります。

まとめ

7つの方法が全部書くにはまだまだ長くなりそうなので次回続きを書きたいと思います。体の内側のことや気持ちは自分にしかわからないので、自分を大切にするという面でも自分の生活や気持ちを振り返ってみて疲れを溜め込まないような体を作っていきましょう。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

楓楽の会員様限定キャンペーンや身体に嬉しい情報が届く『メルマガ』を配信中★
登録はこちらから♪
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx24617/furaku

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆