こんにちは、斉藤です。

日中は温かいですが夜は冷え込んで体調管理が難しい季節ですね。寒さも原因の一つなのですが就寝中に足をつって起きてしまうなんてことはないでしょうか。今回はそんな就寝中などにふくらはぎをつってしまう方のお話をしたいと思います。

なぜ就寝中につるのか

多いのが日中に運動や同じ格好でふくらはぎの緊張が常に続いているとふくらはぎが過敏になり少しの動きでも筋肉が反応して異常な収縮をしてつってしまいます。毛布をかぶって寝ていてつま先が毛布に抑えられつま先がピーンと伸びているのも影響してきます。

また脱水状態など日中に多量の汗をかくと血液濃度の変化などにより筋肉や神経が興奮しやすくなります。熱中症などで筋肉がけいれんを起こすのもこういったことで起きます。お酒は利尿作用が強いので水分を体外に出しやすくしますので脱水状態になりやすいです。

対策

ふくらはぎをマサージするのが効果的です。お風呂の中で優しく行うのをオススメします。他にも脱水状態で血液の電解質バランスの改善としてスポーツドリンクを寝る1時間前に飲むなど水分補給を行ってみてはどうでしょうか。

簡単なストレッチとしては仰向けになり足を伸ばしたままつま先を頭側に引き寄せ、かかとを身体から遠ざけるようにしてふくらはぎを伸ばします。立ってアキレス腱を伸ばすのもいいです。

まとめ

質の良い睡眠が取れないと筋肉や身体にも影響が出てくるのでふくらはぎをつって起きなくて良いようにしましょう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

楓楽の会員様限定キャンペーンや身体に嬉しい情報が届く『メルマガ』を配信中★
登録はこちらから♪
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx24617/furaku

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆