こんにちは、斉藤です。

デスクワークをしていると肩周りが辛くなることはないでしょうか?
肩こりには色々な原因がありますが、デスクワークが多い方の殆どが
肩周りや腰の痛みに悩まされていると思います。

そもそも何故肩周りが辛くなるのか

いろいろな要因がありますが、まず腕が肩より前に出た状態で作業をするので
肩甲骨が前に動き背中側は貼ってしまいます。それに加えて画面を見るために
首が前に倒れて背中側が突っ張ります。
この状態で長い間維持していると筋肉が固まり動きづらくなります。
デスクの高さや目線を変えることで少しは軽減できますが、姿勢が変わらなければ
辛くなってしまう一方です。

猫背にも注意

頭部の重さは大体5キロほどあります。その頭部を支えるためには肩の横ラインに垂直で
頭部を支えるようにしないと、背中や首の筋肉で頭部の支えを補助しないといけません。
猫背の方は常に頭部が前に傾いているので辛くなりやすくなります。

姿勢は意識して癖付けることも出来ますので気がついたときには正常な位置に戻してやることが大切です。

合間のストレッチ

同じ体勢で筋肉を維持していると凝り固まってしまうので合間にストレッチをすることをオススメします。

方法1、水泳のクロールをするような感じで腕を回します。このときに肩甲骨が動くのを意識します。
座ったままは難しいと思うので立って行ないます。10回したら逆回し

方法2、背中側で指を組み肘を後ろに伸ばします。その状態で腕を上げて限界の一歩手前で止めて
5秒キープします。若干背中を後ろに反らせるように行ないましょう。上げ下げを5往復

まとめ

1時間位を目安にストレッチで動かしてあげましょう。痛くなってからでは治すのが遅くなるので
ストレッチや姿勢を癖づけてスムーズに仕事ができるようにしてみてはどうでしょうか。