こんにちは、斉藤です。 今日は当店で行える骨盤矯正がありますが、店舗に赴くのには時間だなかったりして歪みをそのままにしている方にはぜひ見てほしいです。まずは骨盤についてお話したいと思います。

骨盤ってどこ?

骨盤とはお尻の部分にある仙骨・寛骨・尾骨の3つから構成されている蝶々型の骨です。この骨盤は体の中心にあり、上半身と下半身をつなぐ重要な場所になります。その蝶々型の骨にも関節があり仙骨と寛骨を繋ぐ関節(仙腸関節が存在します。その関節は筋肉や靭帯などで支えてますが、もともとは動きが不安定なので歪んでしまうことがあるのです。

正常な方だ左右対称のきれいな蝶々型ですが歪んでしまうと左右の高さが異なったりねじれた状態になってしまいます。歪み方は様々あり歪んでしまうと背骨や足の骨・筋肉を通じて全身に影響が及び骨盤の歪みが原因で頭痛などを引き起こしてしまいます。女性の方は出産などの関係で男性より開きやすく幅が広い方が多いため歪みやすくもなってます。

タイプ別の歪み方

反っているタイプ

仙骨が後ろに反って骨盤全体が後ろに出っ張り、お尻が後ろに突き出ているタイプです。下っ腹はポッコリしてしまい、お尻は突き出た状態になります。さらにその状態で座ると反っていたのが背骨が一緒に動き猫背になってしまうこともあります。

左右に開くタイプ

きれいな蝶々型から筋肉の低下などの原因で左右に開いてしまいお尻が大きく見えてしまいます。また開いていることが原因でO脚になってしまいます。

上下や前後に歪むタイプ

左右の高さがばらばらになったり、蝶々型の羽の部分が片方だけ前後にずれているタイプです。太ももにお尻の肉がいき太ももが大きくなってしまったり、くびれの位置が左右でバラバラになってしまいます。

大きく分けてこの3つのタイプです。このようにズレることによって臓器なども正常な位置からずれてしまったり、左右どちらかに体重が偏って片足や片方の方が痛くなってしまいます。また、ズレることによって血管やリンパを圧迫してしまい血流等が悪くなってしまいます。

骨盤のズレで起こってしまう症状

・肥満・下っ腹の出っ張り・卵巣の機能不全・疲れやすい・自律神経の乱れ・猫背、O脚・腰痛、肩こり・生理痛、生理不順・痩せにくい ・膝痛、股関節痛・不妊 ・肌荒れ・便秘、尿漏れ・静脈瘤・太って見える

まだまだありますが骨盤がゆがむだけでもこんなにリスクが大きくなってしまいます。臓器の位置が変わりホルモンバランスや血流のの乱れなどが起き肌荒れなど直接関係しなさそうな症状まで引き起こす可能性があるのです。

骨盤が歪み自体は足を組んだりなどで歪みますが、歪み自体はさほど大きくはないのです。その少しのズレで私たちの身体は不調や不快を感じてしまうのです。

骨盤が原因で太る?

たまに耳にしますが骨盤ダイエットなどの話を耳にします。骨盤をどうしたら痩せれるのか?についてお話します。そもそも歪みのタイプで紹介しましたが太って見えてしまうのも要因ではないでしょうか。骨盤が開きすぎるとお尻はでかく見えてしまいますし、O客になると下半身が大きく見えてしまいます。

くびれなどもズレていると余計太く見えてしまうこともあります。左右のバランスが崩れると片方に無駄な力が入り太ももが太くなってしまったり、血流が悪くなると基礎代謝も低下していき脂肪を蓄えてしまいます。

まとめ

骨盤がゆがむのは大して大きく歪むわけではないのですがいろいろな症状を引き起こしてしまいます。説明が長くなったのでまた次回にストレッチの方法などをお話します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

楓楽の会員様限定キャンペーンや身体に嬉しい情報が届く『メルマガ』を配信中★
登録はこちらから♪
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx24617/furaku

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆