こんにちは、斉藤です。当店のメニューにもあります眼精疲労ですが普段何気なく行っていることが首や肩・目に疲労をためてしまいます。デスクワークが多い方ですと仕事中はずっとパソコンとにらめっこという方も多いのではないでしょうか?そんな眼精疲労についてお話したいと思います。

眼精疲労とは

最近ではCMでよく眼精疲労に効く薬などが流れていますが、眼精疲労とは何なのか?ということですが、眼精疲労とは目をよく使う仕事などで目の痛みや充血などの目の症状、頭痛や肩こり・重だるい全身への症状が溜まって、睡眠や休息をとっても解消されないことなどを言います。

1日中パソコン作業で目を酷使して仕事が終わっても他にやることが多い方など回復が間に合わないのはなんとなくわかりますね。最近ではネット社会とも言われるので尚更目に負担がかかってしまいます。

眼精疲労の主な原因

目の障害があって起こることがあると思いますが、他にも度が合わないメガネを使うことや、緑内障や白内障などでも眼精疲労の症状が出るとも言われるそうです。老眼の初期段階で無理な視作業を行っても起こりえます。

また、心因性や環境・天気などで眼精疲労が伴うものがあります。私の周りではデスクワークはもちろんですが、天気が悪い日に辛くなるという方も居ますので自分の環境を見直すことが大切です。

眼精疲労を和らげるツボ押し

デスクワークなどで疲れている目は目の周りの血行を良くすることによってパソコンなどで固まった筋肉を癒してくれます。
基本的には目の周りをほぐすのですが。いくつか場所を紹介したいと思います。

晴明(セイメイ)
鼻の付け根にあるツボです。目頭の真横に進んで鼻骨に当たる部分です。私もそうなのですが眼が辛くなったら、誰から教わったわけでもないのにここをつまみます。それだけ目の緊張を解いてくれるのです。
〈押す際のコツ〉鼻の骨をつまむようにゆっくり圧を加えていきます。

攅竹(サンチク)
眉の始まり部分です。眉の鼻側の端の攅竹には老眼予防にも良いそうです。デスクワークが多い方は老眼が多いとも聞くのでデスクワークが多い方にはオススメです。
〈押す際のコツ〉テーブルに肘をついて親指を立て頭を乗せる感じで押します。

魚腰(ギョヨウ)
眉毛の中間にあるツボです。なんと私も悩まされている乱視にも良いそうです。デスクワークは眼球を動かさないので、魚腰を押して筋肉を刺激してあげましょう。
〈押す際のコツ〉攅竹のツボ同様デスクに肘をついて押します。

絲竹空(シチククウ)
眉尻にあるツボです。視力回復の可能性が高いと言われるツボです。これは興味深い。気持ちをリラックスされるとも言われますので、押して見る価値ありますね。
〈押す際のコツ〉人差し指を曲げて第二関節の尖った部分でゆっくり圧をかけます。

太陽(タイヨウ)
こめかみのツボです。なんとここは眼医者殺しと言われるそうです。なんともこのツボを押すと眼科に行かなくてもいいと言われるそうです。眼医者には苦なお話です。近眼や老眼にも効果が期待できるそうです。頭痛などの場合はまずおしてみてはどうでしょうか?
〈押す際のコツ〉テーブルに肘をついて人差し指を曲げ第二関節の尖った部分で優しく圧を加えます。

承泣(ショウキュウ)
目の真ん中の真下にあるツボです。よくクマができる場所です。血流を良くしてクマの解消にも一役買ってくれます。クマができやすいという方は押して見てください。
〈押す際のコツ〉テーブルに肘をついて人差指と中指で優しく圧を加えます。

まとめ

眼精疲労にもいろいろな要因があるので自分に合った方法で和らげてあげましょう。私は眼医者殺しを続けて押してます。もともと目が悪いので人の2倍眼には負担がかかってると思うので・・・

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

楓楽の会員様限定キャンペーンや身体に嬉しい情報が届く『メルマガ』を配信中★
登録はこちらから♪
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx24617/furaku

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆