こんにちは、最近体調不良が目立つ斉藤です。夜更かしや栄養管理などで免疫力などが低下しているのかと思います。なので最近はヨーグルトなどを摂取するように心がけています。

そこで気になるのが飲むタイミングなどです。せっかく飲むのなら効果を引き出してくれるタイミングで摂取したいものです。今回はヨーグルトの飲むタイミングなどについてお話したいと思います。

ヨーグルトはどんな効果があるの?

便秘改善

ヨーグルトの代表的な効果ですね。成分のビフィズス菌や乳酸菌が悪玉菌を追いやって腸内環境を整えてくれます。また腸内を刺激して便通も良くしてくれます。

生活習慣病の予防

ヨーグルトの成分には体にいいバクテリアも入っています。プロバイオティクス細菌という菌があり、その菌が悪玉コレステロールを減らしてくれる効果があると発表されています。

カルシウム補給

カルシウムは骨の養分にもなりますがイライラを抑えてくれる効果もあります。牛乳にも含まれていますが牛乳が苦手な方はヨーグルトで補給しましょう。

免疫力向上

最近ではよくテレビでも見かけますが免疫力向上です。人間の免疫力の7割は腸にあり!という研究者も居るくらい腸は免疫に深く関わってます。腸内環境を良くして免疫の向上をしてくれます。

脂肪燃焼効果

ダイエット?効果も期待できます。まずは快便になるのもそうなのですが、成分のビタミンB2が脂肪の燃焼効果を促進してくれます。ビタミンB2も身体に不可欠な成分です。

ヨーグルト飲むのは朝?夜?

さてお待たせしました。成分や効果がわかった所でいつ摂取すれば効果を上げてくれるのかです。気になるのが朝起きてか・夜眠る前なのかですね。

個人的には夜が良いと思います。ある研究ではいつ食べても排便を促進する効果は大体同じと言われています。朝食べるメリットとしては脂肪燃焼促進のビタミンB2が入っているので活動しているのとビタミンB2でダブルアタックが出来ます。

私が夜にオススメするのは、寝る前の1,2時間前に飲むとリラックス効果が期待でき熟睡できるとも言われています。またリラックスしていると内臓機能が大きく働くため腸内環境を整え朝には快便ということも。

骨も寝ている間に整形が進むのと、私はお酒が好きなので寝ている間に腸内環境を整えて二日酔いの予防にもなりますので、私は夜に摂取します。

食後?と食前?

ここも悩みどころです。私は食後を推進します。食前のメリットとしてはヨーグルトでお腹が膨れるので食べる量が減るということです。食前はあまりメリットはなさそうです。

食後はメリットが大きいと思います。食後には胃酸が薄まっている状態なので、ビフィズス菌や乳酸菌が胃を通って腸に行きやすいということもあります。

他にも乳酸菌やビフィズス菌を活かすには、善玉菌の餌となるオリゴ糖や食物繊維が必要になります。食後は餌が多くなっているので効果も期待できます。

毎日食べるのが重要

毎日摂取するのが重要です。一度に多量に摂取するのではなく毎日100㌘位を目安に摂取しましょう。一度に摂取しすげると腸を刺激しすぎてしまうので下痢になったりします。

また、プレーンではなく砂糖をなどを多く入れてしまうとカロリーなどが増えてしまうのでなるべくノーマルのまま食べましょう。ヨーグルトは会社や製品で成分に違いがあるので自分にあったヨーグルトを見つけるのもいいと思います。

今では食後にくいっと飲めるドリンクタイプのヨーグルトも増えているので摂取しやすくなっています。成分や効果も大事ですが毎日継続することが腸内環境などを整えてくれますので継続は力なりです。

まとめ

私が最終的にオススメするのは、食後と寝る1・2時間前です。メリットや効果を考えて自分にあった時間帯で毎日続けれると良いと思います。先に言いましたが、体の免疫は腸が占めているとも言われますので、毎日の食事1品をヨーグルトに置き換えてはどうでしょうか。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

楓楽の会員様限定キャンペーンや身体に嬉しい情報が届く『メルマガ』を配信中★
登録はこちらから♪
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx24617/furaku

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆