こんにちは、斉藤です。最近は雨は降りませんが曇りの日が続いたり微妙な天気が多いですね。よく周りの方で聞くのが天気が悪い日に頭がズキズキすると言われる方もいます。もちろん天気だけが要因ではなく様々な要因があると思いますが。今回は頭痛について記事を書いていきます。

頭痛の種類

頭痛には大きく分けて2種類あります。緊張型・群発頭痛・片頭痛などの慢性頭痛は『一次性頭痛』といい頭痛自体を解消していきますが、脳出血や脳腫瘍など病気の症状によって頭痛が起こる頭痛を『二次性頭痛』といいます。

二次性頭痛は命にかかわることもあるのでいつもと違う痛み等がある場合はすぐお医者さんに見てもらいましょう。また、今回は一次性頭痛についての記事になります。

一次性の頭痛

頭痛は原因などによって対処が違うので自分にあった対処をするのが重要になります。また片頭痛や緊張型が同時に起こる場合もありますので気を付けましょう。

緊張型頭痛

緊張型頭痛にも2種類あり毎日頭痛がする慢性型緊張頭痛と時々起こる反復性緊張頭痛があります。頭の周りを締めつけられるような鈍い痛みが30分〜1週間続くと言われています。

【主な症状】同じような痛みが毎日起こる

【痛みの場所】頭全体や後頭部

【痛み方】頭全体が締めつけられる痛み

【動きの制限】痛むが動いていると楽になってくる

【関連症状】ふわふわしたりめまいが起きる。首肩コリも伴う

【対策】ストレッチや首元など温める

緊張型頭痛は首肩や頭の筋肉が緊張することで起こると言われています。前かがみを長時間行ったりすると血行が悪くなり筋肉に老廃物が溜まって神経を刺激してしまいます。この痛みが続いて脳の痛みセンサーが不調になり筋肉が緊張していなくても頭痛になる場合もあります。

また、仕事や家事で思うように行かないような精神的なストレスも筋肉を緊張させてしまいます。トラブルなどは精神的なストレスを多く感じ気づかない内に筋肉は緊張しています。

緊張性頭痛は治る?

たまに起きる反復性緊張頭痛は首などの筋肉を押して痛む場合は鎮痛剤で収まることもありますが基本的に薬などは必要ないと思います。適度な運動や入浴で血行を良くしたりほぐしてあげましょう。

毎日続くような慢性型緊張頭痛は鎮痛剤のような薬はあまり効果は見込めないです、痛いからと言って毎日服用していると薬物乱用頭痛といい薬の服用し過ぎで頭痛になってしまいます。慢性型緊張頭痛はストレスなどの精神的ものからくる場合は抗うつ薬や抗不安薬が多く使用されます。

肩や首が緊張しすぎて固まっている場合は筋弛緩薬というものもあります。薬は一時的なもので根本的には改善できていない状態になっているので適度な運動やストレスを溜めない自分なりのリラックス方法を見つけないといけません。

予防のためにすること

やはり日頃の生活を見直す必要があります。緊張頭痛を予防するためには、精神的なストレスをしっかり解消してあげるのが大切になります。毎日の軽い運動を行い、仕事や勉強の際の長時間同じ姿勢を続けないように心がけてください。

デスクワークなどの長時間座りっぱなしなどの人は、合間合間に肩を回したり背伸びをしたりして筋肉をほぐし、こまめに休息を取ることをオススメします。

朝のウォーキングや就寝前のストレッチを習慣化させてゆっくり、リラックスした日々を過ごすのが何よりの予防になります。肩や首をマッサージしたり湯船に浸かったり自分の生活に取り込めるものから取り組んでみてはどうでしょうか。

まとめ

やはりリラックスできる休息と適度な運動が重要ですのでいま薬に頼っている方はぜひ生活習慣や生活環境を見直して見てはどうでしょうか。緊張頭痛の話で長くなったので頭痛の種類について次回も記事にしたいと思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

楓楽の会員様限定キャンペーンや身体に嬉しい情報が届く『メルマガ』を配信中★
登録はこちらから♪
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx24617/furaku

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆