こんにちは篠崎です。「冷え性なので寒くなると困るんです」と先日来られたお客様が言われていました。これから冬にかけて冷え性の人はとても嫌な季節になりますね。冷え性でお悩みの人は今から対策をしていれば本格的に寒くなった時に困らないです。今日は身体を温める食べ物や飲み物のお話をします。

身体を温める食べ物の見分け方

野菜などでこれを食べると身体を温めます。というものがいくつかありますが見分け方をお教えします。すべてが当てはまるわけではありません。まず土の中で育つものは身体を温めます。根菜類などです。季節ではやはり夏のものは身体を冷やします。今は一年中きゅうりやトマトはありますが本来は夏の野菜ですね。冬に育つ野菜が身体を温めます。

発酵食品も身体を温めます。味噌や納豆など発酵食品は身体を温めます。キムチやお漬け物も発酵食品で塩分が多いのが身体を温めるのです。寒い時期、土の中で育つ野菜、ニンジン、カボチャ、タマネギ、レンコン、ゴボウ、じゃがいもなどの根菜類が身体を温める食べ物です。覚え方としては身体を温めたいのであれば土より下にできるもの、発酵しているものと覚えておくといいですね。

身体を温める飲み物

冷え性改善に温かい飲み物を飲みましょう。とネットの情報などには書かれていますが温かくてもコーヒーや緑茶、抹茶は暑い国で育つもので製造過程で発酵されていないのでホットでもあまりオススメできません。おなじお茶でも製造工程で炒ったり蒸したりすると身体を温める効果に変わるものがあるので間違えないようにしなくてはいけません。

身体を温めたい時は紅茶やココア、ほうじ茶、烏龍茶、日本酒、ショウガ湯などを飲みましょう。私も今までは温かい飲み物はすべて身体を温めると思っていましたがコーヒーや緑茶、抹茶はホットでも身体を冷やすのですね。また紅茶や烏龍茶は利尿作用もあるので身体の中から余分な水分を出してくれるのでさらに温まります。

おすすめな身体を温める飲み物

特におすすめなのはほうじ茶です。ほうじ茶は緑茶の葉を炒って作られたもので緑茶と違いカフェインが少なくなります。ピラジンという血管を広げる効果のある物質が含まれているので緑茶と違って身体を温めます。寝起きに飲むと身体が目覚めてスッキリしますし寝る前に飲むとリラックスできて熟睡ができていいですよ。

おすすめのほうじ茶は大井川茶園茶工場のまかないほうじ茶です。こちらのほうじ茶は苦味と甘味のバランスがよく飲みやすいですね。300g入りでコストパフォーマンス的にもよく毎日飲むといいですね。口コミの評価も大変良く体を温めてくれるでしょう。

大井川茶園 茶工場のまかないほうじ茶 300g

 

冷え性の改善

冷え性の改善は冷え性の原因を無くすことで改善できます。なるべく身体を温める食べ物や飲み物をとるように意識して体質から改善します。体質を変えると代謝が良くなり冷え性も改善します。身体を冷やす食材を避けて冬場に備えることを心掛けましょう。

また運動不足からも冷え性になります。座りっぱなしのデスクワークの方は極力足を動かしたり休憩をこまめに取って歩いたりしましょう。ふくらはぎのストレッチや足首を回すだけでも血流は良くなりますのでぜひ実行されてください。

以外なところではストレスが冷え性に大いに関係するそうです。ストレスがかかるとアドレナリンやノルアドレナリンという物質が、急に増え、血管が収縮てしまうため、血行が悪くなり、体温の低下や冷え性の原因になります。上手にストレスを発散して冷え性を克服しましょう。

まとめ

冷え性を改善するには今の時期から体質を変えることが大切ですね。食べ物や飲み物で体質は変化します。身体を温めるものを選んで摂るようにして冬の寒い時期に冷え性で困らないようにしましょう

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

楓楽の会員様限定キャンペーンや身体に嬉しい情報が届く『メルマガ』を配信中★
登録はこちらから♪
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx24617/furaku

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆