こんにちは、田仲です。

皆さんは冬の野菜には身体を温める効果があるのを
ご存知ですか?

野菜には身体を温めるものと冷やすものがあります。

身体を温めてくれる野菜はにんじん、ごぼう、しょうがなど
土の中にできる野菜(根菜類)、冬が旬であるものが多いのが
特徴です。
反対に身体を冷やす野菜はレタス、きゅうり、トマト、なすなど
夏が旬で生で食べられるものが多いようです。

一般的に体が暑くなる夏にとれる夏野菜は身体を冷やし、
身体が冷たくなる冬にとれる冬野菜は身体を温めると
言われていますが、身体で暖かい冷たいと感じるのではなく
野菜のもっている効果の違いで分類されています。

地面の下に埋もれているものは体を温める性質を
もっています。
それらは自分に熱があるので熱い太陽から
逃れようとして地面の下へ深く伸びようと
するのです。

この性質から根菜類や芋類が身体を温めると言われていて
しかも根菜類が冬にとれる事から冬野菜が身体を
温めるとされています。

また冬野菜に多く含まれているビタミンⅭやビタミンEは
冷え性に効果があると言われています。
ビタミンEは血行を良くする働きと体内のホルモン分泌を
調節する働きがあります。
そしてビタミンⅭには血液の主要な材料となる鉄分の
吸収を促進し、毛細血管の機能を保持する働きがあるので
血行が良くなり温かくなるのです。

これら冬の野菜には、粘膜保護や免疫向上の成分も
含まれているので乾燥する冬には欠かせないと
言えるでしょう。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

楓楽の会員様限定キャンペーンや身体に嬉しい情報が届く『メルマガ』を配信中★
登録はこちらから♪
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx24617/furaku

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆