こんにちは篠崎です。年齢とともになかなか痩せられないというお話はよく聞きますが特に40代以降になると本当にダイエットすることが難しくなりますとくに40代以降になると下半身がなかなか痩せられないそうです今日は下半身のダイエットの方法でとくに40代以降の人の対策についてお話しします。

40代以降のダイエットの難しさ

なぜ痩せにくくなるのかというとそれはホルモンの関係です。年齢を重ねるごとに、女性ホルモンの分泌は減っていきます。その中でも、「エストロゲン」という女性ホルモンの分泌が減ることが太りやすくなる要因です。「エストロゲン」は食欲を抑制し食べ過ぎを抑える、また脂肪燃焼促進させ、内臓脂肪の蓄積は抑える、肌のコラーゲンを作り出す役割をしています。

このエストロゲンの分泌が減ることでダイエットホルモン「レプチン」の分泌も減ってきます。「レプチン」は満腹感と脂肪燃焼をエストロゲンより強く命令するホルモンなので食べ過ぎてしまったりエネルギーが脂肪に変わってしまう悪循環に陥ります。

ホルモンの分泌が減ってきて内臓脂肪も溜まりやすく脂肪も燃焼しにくくなるのです。また40代以降になると筋肉の衰えるので下半身に脂肪が溜まりやすくお尻も垂れたようになるのです。このようなことから40代以降になると下半身がやせにくいと言われています。

40代以降のダイエット

基礎代謝を上げるのには有酸素運動が効果的です。できれば水泳やウォーキングが理想ですが年齢を重ねると身体を動かしづらくなるので苦手な人はストレッチやラジオ体操だけでも基礎代謝は上がります。下半身の筋肉を鍛えるのは不可欠になりますが激しい運動は無理という人がほとんどなのでスクワットや仰向けになって足を上げて止めるレッグレイズなどがオススメです。

食事も特別控える必要はありませんがタンパク質を多めに摂取することで女性ホルモンの分泌を増加させます。大豆や鶏肉など食物繊維の多いものと一緒に食べましょう。睡眠も不可欠になります。年齢的に40代が一番睡眠時間が短いそうです。睡眠時間が短いと「レプチン」の分泌が減ってしまいますので太りやすくなります。6時間以上は寝るようにしましょう。

生活習慣を改善

40代以降になるとただ運動したり、食事を減らしたりするだけでは痩せません。筋肉もホルモンもほおっておくとどんどん減少してしまいます。意識をして生活習慣を改善しなくてはなかなかダイエットが難しいのです。きちんとした食事と睡眠は不可欠です。

朝日を浴びることでセロトニンという脳内物質が分泌され、気持ちを持ち上げてくれるのでダイエットを継続するモチベーションが下がりにくくなります。朝日を浴びながらストレッチやウォーキングをするとダイエット効果があがります。

まとめ

40代のダイエットは、若い時のように短期間でハードに痩せるものではなく、毎日の生活習慣・食習慣を見直し、筋肉のアップを目指した長期的なダイエットを心掛けましょう。
また、心身のバランスを崩しやすい年齢でもあるので、決して無理はせず余裕を持ちながら、毎日続けることが肝心です。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

楓楽の会員様限定キャンペーンや身体に嬉しい情報が届く『メルマガ』を配信中★
登録はこちらから♪
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx24617/furaku

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆