こんにちは、田仲です。
まだまだ寒い季節が続きそうです。
インフルエンザも流行しているようですね。
皆さんは体調を崩したりはしていませんか?

前回は体を温める効果と冷やす効果のある野菜について
書きましたが、今回も引き続き身体を温める効果と
冷やす効果のある食品について紹介していきます。

【体を温める食品】
梅干し、たくあん、めんたい、味噌、塩(天然塩)、
しょうゆ、チーズ、肉類、卵、魚介類、ネギ、
玉ねぎ、ニラ、ニンニク、しょうが、日本酒、
焼酎のお湯割りなど

【体を冷やす食品】
牛乳、豆乳、酢、ビール、清涼飲料水、ウイスキー、
コーヒー、マヨネーズ、植物油、お菓子類、
精白砂糖、ケーキ、豆腐、こしょう、唐辛子など

<お酒>
体を温めるお酒とは日本酒の熱燗や焼酎のお湯割りなどです。
日本酒や焼酎など常温で飲むお酒を熱燗やお湯割りに
して飲むと、体を温めます。
逆に体を冷やすお酒はビールやウイスキーの水割りなどの
冷たいお酒です。
空腹時にまず生ビールなどの冷たいお酒を飲むのを
楽しみにしている人もいると思います。
ですが、この飲み方は胃腸を冷やし、そこから身体全体を
冷やしてしまい、内臓の熱を奪うことになるので
気を付けましょう。

冷え性の人は体を冷やす食べ物を食べすぎないように
することが大切です。
温まる食品をたくさん摂ればいいと思いがちですが、
度をこすとバランスが崩れてしまいます。
温める食品を多めに摂り、冷やす食品を少し摂るという
組み合わせが理想的といえるそうです。
どうしても冷やす食品を食べたいときは、加熱料理したり、
温める調味料(しょうが、ニンニク、天然塩、しょうゆなど)や
温める食品と一緒に調理することで冷やす力は
緩和されることになります。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

楓楽の会員様限定キャンペーンや身体に嬉しい情報が届く『メルマガ』を配信中★
登録はこちらから♪
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx24617/furaku

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆