こんにちは、田仲です。
前回紫外線による唇の荒れについて書きましたが
今日は普段の日常生活での癖や、生活習慣が原因で起こる荒れについて
書いていきます。

皆さんは唇が乾燥した時につい唇を舐めてしまう癖はありませんか?
舐めてしまうと、その時は一時的に潤う気がしますが
その水分は体温ですぐに蒸発してしまいます。
そして、その際に唇に残っていた水分も一緒に無くなってしまう為
さらに乾燥が進んでしまいます。

食事の際にも注意は必要です。
塩分が唇に残っていると、それが刺激になって荒れることがあるので
食後は清潔なおしぼりやハンカチなどで拭いておきましょう。

特に、刺激の強い香辛料やキウイ、パイナップル、山芋、里芋などは
食べ過ぎると唇や口の中が荒れることがありますので注意が必要です。
疲れや睡眠不足が続いても、体力や免疫力が低下して細菌感染が起こり
荒れが起こりやすくなります。

また、生活習慣だけでなく、食事の内容を見直すことで改善することもあります。
バランスよく栄養を摂取することは、唇に限らず肌や身体の健康を保つためにとても重要です。

特に肌や粘膜を保護する作用のあるビタミンB2の不足は、
唇の荒れに繋がりやすいと言われています。
ビタミンB2は、レバー、うなぎ、納豆、卵などの食品に多く含まれます。

栄養のバランスを考えながらビタミンB2をメインに調理を行ない、
食生活を改善させることで唇が荒れにくくなります。
これからの乾燥しやすい季節も健康的な唇を維持したいですね。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

楓楽の会員様限定キャンペーンや身体に嬉しい情報が届く『メルマガ』を配信中★
登録はこちらから♪
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx24617/furaku

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆