こんにちは篠崎です。暑いので身体に良くないなぁと思いながら冷たい飲み物ばかり飲んでしまっています^_^;冷たい飲み物ばかり飲んでいると朝起きたら顔がむくんで目が腫れてしまっていたなどという事はありませんか?そんな時は一刻も早く目の腫れを治したいですよね。今回はその方法をお話します。

顔のむくみの原因

お仕事でデスクワークの人や長時間同じ姿勢でいる人などは血流が悪くなりリンパの流れも悪くなります。足に溜まってしまった血液やリンパ液を心臓に押し戻せないまま夜寝てしまうと水分が全身に回ってしまい朝起きた時に顔がむくんで目も腫れてしまう時があります。

それ以外でも顔がむくんで目が腫れる原因はいくつかあります。睡眠不足。塩分の摂りすぎ。水分の摂りすぎ。前日にたくさん泣いた。前日にお酒を飲んだ。うつ伏せで寝ていた。など顔や目が腫れる原因は前の日に何かをして腫れたというものがほとんどの原因なんです。

目が腫れる病気

目が腫れるのには前日に何かをしたのが原因と延べましたがそれ以外には目の病気の可能性もあるので注意が必要です。いわゆるものもらいと呼ばれるものはまつ毛の生え際から細菌感染し炎症を起こしまぶたが腫れます。目が腫れるにはこういうような目の病気の可能性があります。

目の病気の時は自分なりに判断して間違った治療をすると悪化してしまう可能性がありますので眼科で正しい診断をして治療をしてもらうことをおすすめします。

目が腫れを治す方法

病気以外の目の腫れはその日のうちに治せます。そのいくつかをご紹介します。まずは濡らしたタオルを電子レンジで1分ほど温めたホットタオルを目の上に2~3分あてます。次にアイスパックをタオルに包み1分程、目を冷やします。ホットタオルとアイスパックを交互に繰り返します。

目の周りをマッサージするのも効果があります。マッサージでリンパの流れを良くする事で血流を良くして腫れを抑えます。

・目の腫れを治すマッサージのやり方

1. 目を閉じて目頭からまぶたにかけて、まぶたから目尻を通りすぎ、こめかみに向かって指圧しながら移動させます。
2. こめかみを3秒、グッと押す動作を5回繰り返しましょう。
3. 目の下の目頭から下まぶた、目尻を通りすぎ、こめかみに向かって指圧します。
4. こめかみを3秒、グッと押す動作を同じように5回繰り返しましょう。

目の周りは傷つきやすいのであまり強くは押さずに行います。また眼球を押さえつけないようにするのがポイントです。

目の腫れを治す方法②

目の腫れを治すには朝食も大事です。朝食をしっかり食べる事で代謝が上がり血流も良くなります。顔全体の血流がアップすれば目の周りの血流もアップするので腫れもおさまります。腫れてるなと思ったら、特にバナナなどカリウムの多い食材を摂る事をおすすめします。

カリウムの多い食品は他にもたくさんあります。果物ではバナナ・はっさく・いよかん・もも・干し柿・りんご・キウイなど、海藻類ではひじき・昆布野菜類はパセリ・アボカド・ほうれん草・じゃがいもなどその他、納豆・にんにくなどに多く含まれますのでこれらの食材を務めて摂るようにすれば目の腫れは解消します。

まとめ

目が腫れる理由は前日に何か腫れる原因の行動をしていたなどがあげられます。朝、目が腫れていても時間がたてば腫れはひきますが人に会うし少しでも早く腫れを治したいのであれば上記にあげたいくつかのやり方をお試しください。また目が腫れる原因がわかれば腫れを防ぐ事もできます。日常生活で気をつけてみてはいかがでしょうか?

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

楓楽の会員様限定キャンペーンや身体に嬉しい情報が届く『メルマガ』を配信中★
登録はこちらから♪
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx24617/furaku

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆