こんにちは篠崎です。「冷え性なので手足が冷たく、冬場は苦手で」という人は多いですね。冷え性にも種類があるという事を知っていますか?今日は冷え性の中でも「内臓型の冷え性」についてお話をします。

内臓型の冷え性とは

冷え性に種類がある事は私も知らなかったのですが内臓が冷えるとはどういう事でしょうか?手足が冷たいと冷え性だとわかるのですが内臓の冷え性は自覚症状があまり無く、それでも身体に悪影響を及ぼしてしまうそうです。

手足は冷たくないのにお腹を触って冷たいと感じる人や体温が低い人(35°C台)肩こりがひどい。厚着をしても冷える。風邪をひきやすい。身体がだるい。などの症状がある人は内臓型の冷え性なのかもしれません。

特に女性は子宮がある為、下腹部がうっ血しやすいという特徴があるので男性より冷え性の人が多いのです。また年齢と共に血流が悪くなるので40代~50代の女性は内臓型冷え性の人が多いと言われています。

内臓型冷え性の原因

内臓が冷える原因はいくつかありますがやはり身体の中から冷えているという事です。日頃から冷たい飲み物や食べ物を食べる。運動不足による筋肉量の低下。ストレスによる自律神経のバランスの崩れ。ダイエットによる栄養不足による体温低下などが考えられます。

仕事で忙しく過度なダイエットをしている人などは内臓型冷え性の可能性が高いです。しかし内臓型冷え性はなかなか自覚できにくいので放っておくと身体の不調に繋がるので改善しておきたいですね。

内臓型冷え性の改善方法

内臓型冷え性の人は栄養が不足している人が多いとお話しましたがダイエットや美容の為に朝食をスムージーだけや、ヨーグルトを毎日食べてる人も注意が必要です。スムージーに使われる南国のフルーツやヨーグルトは身体を冷やしてしまいます。

夏でも温かいものを食べる。しっかりと湯船に浸かる。カイロをお腹に貼ったり、腹巻や湯たんぽを使ってお腹周りを温める。丹田(おへそから指4本分下のツボ)仙骨(骨盤の中央。お尻にある出っ張った骨)を温めると身体の体温があがります。

冷え性のキーワード

冷え性には食生活がとても大切だとわかりましたね。食べ物で身体が冷えやすくなったり、逆に温めたりと体質を改善できるのです。冬場のこの時期に少し気にして見るのもいいですね。

身体が冷える食べ物の特徴は、土に埋まっていない食材・南国で育つ食材(バナナ・パイナップル)・暖かい季節に育つ食材(きゅうり・トマト)・砂糖を多く使った飲み物(清涼飲料水・炭酸飲料)白などの淡泊な色の飲み物(牛乳・ヨーグルト)などです。

その逆の物を食べると身体が温まります。土に埋まっている食材(根菜)・ココア・リンゴ・みかん・お茶です。また生姜は身体を温めます。その他には唐辛子です。唐辛子の成分のカプサイシンは身体を温めます。

まとめ

内臓型冷え性は近年の生活習慣や食生活が大いに影響していると言われています。夏に冷房が効いたところにいて、冬に暖房の効いた部屋にいるという環境が身体を冷やす事に繋がっています。しかし冷え性はたくさんの身体に及ぼす原因があるので早く改善しなければいけません。生活習慣を少し改善しながら冷え性も改善していきましょう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

楓楽の会員様限定キャンペーンや身体に嬉しい情報が届く『メルマガ』を配信中★
登録はこちらから♪
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx24617/furaku

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆