こんにちは篠崎です。もう7月になりましたね。あっという間に月日は過ぎてしまいますね。夏になると夏バテしてしまってやせてしまいます。という話はよく聞きます。夏になると暑さで食欲も落ちるので食べれなくて痩せるというのはわかるのですが夏になると太るという人もわりと多いのです。どうして夏は太るのでしょうか?今日は夏に太る原因についてお話をします。

夏に太りやすい理由 1

暑い夏には汗も沢山かくし歩いているだけでいつも以上に体力を使っている感じがありますが実は冬より太りやすい季節なんです。なぜ夏は太りやすいのでしょうか?その理由は夏は大量の汗をかくため、からだは脱水状態になりやすいのです。脱水状態になると、からだの代謝は急激に低下してしまいます。なので脂肪が燃えにくくなります。

夏は外気温度が高いため、からだはがんばって代謝を上げなくてもいいのです。そのためエネルギーをあまり使わなくてもいいので脂肪も燃えにくくなります。また暑いのでエアコンの効いた部屋でじっとしていることが多くなります。からだを動かさなくなるので自然と代謝も落ちます。

夏に太りやすい 2

夏の暑さでは食欲が減退します。暑さで食欲が無いからと、食事を抜いてしまったり、サラダだけなどの偏った食事は栄養バランスを崩してしまいます。栄養バランスの乱れはそれだけで痩せにくいからだを作ってしまうのでバランスの良い食事を摂るのが痩せるためには大切です。

また冷たい食べ物や飲み物は内臓を冷やします。内臓が冷えてしまうと代謝が落ちたり便秘になったりします。やはりこれも太ってしまう原因になります。暑い夏でも温かい飲み物や食べ物を摂って内臓の冷やし過ぎには注意しましょう。

夏に太らないようにするには

夏に太らないようにするにはまず食事を意識します。そうめんやアイスクリームなど炭水化物や糖質の多いものに偏ってしまいがちです。たくさん汗をかいて塩分も失われるのでミネラルも不足してしまいます。ミネラルの豊富な海藻類やキノコをとるようにします。

暑い時に食べるアイスクリームは乳脂肪分が多いのでカロリーが高くなります。ちなみにハーゲンダッツバニラカップ1つで267kcalあります。ソフトクリームなら163kcalと控えめです。コーンがついているものはさらに高く食べるならシャーベットなどの方がいいようです。

また運動不足になりがちなのでエアコンの効いた部屋でもいいのでスクワットなどをしながら運動不足解消しましょう。また冷たい飲み物や食べ物などをとってしまって体がむくんでしまいがちです。むくみは代謝を下げてしまうので夏でもシャワーではなく湯船にしっかりとつかって1日の終わりは体をしっかり温めましょう。

まとめ

夏は暑いので太るイメージがありますが実はからだが冷えている事が多く代謝が落ちてしまっています。夏でもからだを温める食事やしっかりとお風呂に入るなど内臓もあたためて代謝を上げましょう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

楓楽の会員様限定キャンペーンや身体に嬉しい情報が届く『メルマガ』を配信中★
登録はこちらから♪
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx24617/furaku

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆