こんにちは篠崎です。今年の1月から寝る前のストレッチを続けています。私にしては珍しく今も続いています。何事も三日坊主で終わるのですがあまり気合いを入れてしていないのがいいのかもしれないです。ストレッチはからだにいいのですが続けないと意味がないのです。今日はストレッチの効果的な時間帯についてお話します。

ストレッチとは

ストレッチとは、意図的に筋や関節を伸ばし、筋肉の柔軟性を高め怪我の予防やリハビリ・疲労回復のための運動です。身体の柔軟性を高めるのに効果的であり、準備運動や整理運動の一要素としても活用されています。手軽に続けられる運動のひとつであるストレッチですが脇腹を伸ばしたり、肩甲骨を寄せたりと道具がなくてもできる運動ですね。

ストレッチをすることで血液の循環が良くなり代謝も良くなりますスポーツをしている人は柔軟性が良くなる事で可動域があがりパフォーマンスがあがります。またやせやすくなるとダイエットをしている人にも効果的なのですしかも疲労回復にも効果があるので疲れが溜まった時ほどストレッチをしたいですね。

ストレッチの効果

ストレッチをして身体がやわらかくなると血流がよくなり、肩こりや腰痛なども楽になります。また脳にもいい効果があります。研究によるとストレッチをした後に脳のα波が増加するという研究結果がでています。α波が増加すると集中力が高まりリラックス効果があります。

そんなストレッチですがストレッチをして痩せるというわけではないですが副交感神経が優位になったり、血流がよくなるという意味ではダイエットをしている人はストレッチをして運動をするとさらに効果的でしょう。

ストレッチは朝?

寝起きストレッチで代謝がアップします。人間の身体は寝起きから徐々に目覚めていき、ゆるやかに代謝が上がっていきます。この「ゆるやかに上がる」ものをストレッチによってより早くスイッチをONにしてあげることができます。

ではどこをストレッチするのが良いのでしょうか?特に決まってはいませんがおすすめなのは前屈です。太もも裏をしっかりと伸ばすことで下半身から全身の血行が良くなります!背中も伸ばすようにすると褐色細胞が活性化するので毎朝続けるようにするとダイエット効果も高まります。朝の目覚めも良くなりますよ。

ストレッチの夜の効果

ダイエットだけに注目すると朝の方が有効ですが夜行なっても効果はあります。夜にストレッチを行なう昼間のストレス解消になります。疲れた心と体をほぐしリラックス効果があり、副交感神経が働くので穏やかな睡眠がとれます。

 

夜のストレッチはリラックスの効果をもたらします。どちらかというと入眠のサポートを目的にするのが、より効果的です。ただし入浴後に行うのがよく、寝る30分前までに終わらせるようにしないと入眠効果は得られません。

まとめ

ストレッチをする時間帯についてお話しましたが朝の寝起きに行なうのと夜の寝る前に行なうのでは身体にもたらす効果が違う事がわかりました。どちらに行なっても身体にいい事はわかりましたが目的に応じて朝に行なうか、夜に行なうかを決めるといいですね。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

楓楽の会員様限定キャンペーンや身体に嬉しい情報が届く『メルマガ』を配信中★
登録はこちらから♪
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx24617/furaku

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆