ダイエットは身体のお悩みで最も多いものの一つではないでしょうか。

 

 

ダイエットはしたいけど運動が苦手、飽きっぽい、甘いものが大好き、どんな方法が効果が高いのかわからないという人はたくさんいると思います。

 

 

ダイエットを成功させるためには摂取したカロリー以上に消費すればいいのですが、普段運動しない方にとっては難しいですよね。

 

また運動といっても有酸素運動ではカロリーをあまり消費しないためマラソンなどをしても効果は期待できないばかりか、筋肉は落ちてしまううえにお腹は空いてしまうのでむしろ逆効果なこともあるのです。

 

 

ですが、普段運動しない方にとっていきなりジムで筋トレなどの無酸素運動をする習慣をつけるのは難しいと思います。

 

 

しかし摂取カロリー<消費カロリーになればダイエットは成功するので消費カロリーを増やさなくても今までより摂取カロリーを抑えることでダイエットを成功させる方が簡単なのです。

 

 

そこで今日は視点を変えて消費カロリーを増やすのではなく摂取カロリーを抑えるためにオススメの方法をお伝えしようと思います。

 

 

摂取カロリーを抑えるためには

そもそも人の体は必要な栄養素が欲しくなるようにできています。

 

 

血圧が低ければ塩分の多い塩辛いものが食べたくなりますし、血糖値が低くなれば炭水化物や甘いものが欲しくなります。

 

 

朝、寝起きでエネルギーを消費していないうちはたくさん食べれませんが、1日働いてエネルギーを大量に消費した後の夕食はたくさん食べれます。

 

 

こうして体に必要な分を補うのがそもそもの食事の役割なのですが、動物の中でヒトだけが食べ過ぎて肥満になります。

 

 

なぜでしょうか。

 

 

この理由がわかればあなたも摂取カロリーを抑えることができます。

 

 

答えは『必要以上の食べ物の情報が目に入る』からなのです。

 

 

海外の人が日本に来た時に驚くことの一つに「グルメ番組の多さ」が挙げられます。

 

 

私たちは普通だと思っていても海外の人たちから見て、毎日どのチャンネルでも〇〇のスイーツ、パスタ、フレンチ、ラーメン、ワイン、パンなど放映されているのは異常なのです。

 

またCMでもお菓子の新製品などを目にします。

 

 

こういったものを目にするせいで「これ美味しそう」「食べて見たい」という欲求が生まれるのです。

 

 

また、そう思わせるように番組や広告を作る方も考えているのです。

 

 

結果購買意欲が高まり、本来自分の体にとって必要ないものまで買って食べてしまうことがダイエットが成功しない理由なのです。

 

 

ではどうすればよいか。

 

スポンサーリンク


 

答えは簡単、目から入る食べ物の情報をシャットアウトすればよいのです。

 

 

具体的にはダイエット中はテレビや雑誌を見ずコンビニに行かなければよいのです。

 

 

さらに他の人がSNSにあげている食べ物の画像やコメントも見ないようにしたり、買い物をするときも買うものを決めてそれ以外のコーナーに入らないようにすることも有効です。

 

 

そうすることでヒトが本来持っている「必要以上の栄養を取らない機能」が発揮され無理やり我慢しようとしなくても自然と欲しくなくなります。

 

 

まとめ

ダイエットは消費カロリーが摂取カロリーを上回れば必ず成功します。

 

 

ただし消費カロリーを増やすということは生活を変えなければいけないので習慣にするのが難しいのです。

 

 

そこで摂取カロリーを抑えることの方がより簡単です。

 

 

方法は食べ物の情報をシャットアウトすることです。

 

 

そうすることで必要以上の栄養を取らないですむため摂取カロリーが抑えられるのです。

 

 

あなたも本気でダイエットを成功させたいのであればこの方法を試して見てください。

 

1日3個タマゴを食べたら驚きの変化が!

糖質制限の真実【健康やダイエットとの関係】

脂肪は減らした方が健康によいのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

楓楽の会員様限定キャンペーンや身体に嬉しい情報が届く『メルマガ』を配信中★
登録はこちらから♪
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx24617/furaku

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆