こんにちは篠崎です。みなさんストレスは抱えていますか?ストレスの発散は出来ていますか?日本はストレス社会です。日々ストレスを感じることはありますよね!ストレスと一言でいうには幅が広いのですが今日は女性に効果的なストレスの解消法についてお話していきます。

ストレスとは

ストレスといっても人によって感じ方がそれぞれ違うものです。嫌なことを我慢するのがストレスだと感じる人。それをストレスだと感じない人もいます。ストレスとは心と体に受けるあらゆる刺激の事をいうのです。

つまり、感情があるという事は常にあらゆるストレスを身体は抱えているという事です。心身にかかるストレスは出来るだけさけたいですね。人間の身体には元々ストレスを和らげる機能があるのです。

ストレス解消のための身体の働き

ストレス解消の方法として女性に効果的な2つの脳内ホルモンを出す方法
についてお話していきます。まずは「セロトニン」というホルモンです。喜びホルモンや幸福ホルモンなどと呼ばれるように「気持ちの安定」をしてくれます。

もうひとつは「オキシトシン」これは「思いやりのホルモン」とも呼ばれ、人を愛する事に関係します。セロトニンと同様、精神の安定に欠かせない安定剤のようなホルモンです。

この2つの物質は脳内から分泌されて
心と身体のバランスを整えてくれたり、ポジティブで安定した状態にしてくれるなど精神的な安定をはかるのにとても大切なものなんです。

セロトニンとオキシトシン

セロトニンが分泌される時は精神が安定している時です。セロトニンが不足すると情緒が不安定になったり、不眠になったりします。さらに不足すると太りやすくなり、老けやすくなるので少しでもたくさん分泌
したいですね。

オキシトシンに関しては、愛情を生むと言われるくらい女性には必要なホルモンです。空前のペットブームですが動物と触れ合うなどで分泌されやすいと言われています。不足すると自律神経のバランスが崩れ不安や喪失感がでてきてやはり不眠の原因になります。

二つのホルモンとストレス

これらの二つの幸せホルモンは満ち足りている状態が良いそうです。特に女性は、ストレスが身体の不調として出やすいのです。二つのホルモンが不足してしまうと肌荒れや不眠、女性ホルモンのバランスも崩れやすくなります。

二つのホルモンが不足すると女性特有の心身からくる「潤い」が無くなってしまうと言われています。セロトニンやオキシトシンを分泌することは女性らしさを増して、肌ツヤが良くなります。二つを増やす事で心身にかかるストレスも緩和されるのですね。

幸せホルモンを増やすには

幸せホルモンを増やす方法は外にでて太陽を浴びたり、軽い運動をする。友達などとよく笑ってよくしゃべって思いっきり泣くのも効果的です。好きな香りでアロマテラピーをする事もリラックスでき幸せホルモンが増えます。

要するに気持ちいいと感じることをたくさんする事で幸せホルモンが増えます。たまには思いっきり羽を伸ばして遊んだり、友人や恋人に甘えたりしてたくさんセロトニンとオキシトシンを出してストレスを解消していきましょう。

まとめ

ストレスを全く無い状態にするのは難しく、上手に付き合う事が大切です。大切なのはストレスを溜め込まない事です。出来る限り早く上手に解消する事が心身共に良い事なのです。疲れているなと思ったら幸せホルモンをたくさん出してその日のストレスはその日のうちに解消出来る事が一番いい事ですね。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

楓楽の会員様限定キャンペーンや身体に嬉しい情報が届く『メルマガ』を配信中★
登録はこちらから♪
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx24617/furaku

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆