こんにちは篠崎です。

 

健康や美容に気をつけている人はよく耳にすると思いますが「食物繊維を摂りましょう」とよく言われます。

 

「野菜食べていますよ」と思っていたのですが野菜はたくさん食べないと思ったほど食物繊維は採れないそうです。

 

今日は野菜よりもある以外なもので食物繊維が取れると言うお話です。

 

食物繊維

 

普段の食事の中で、どの食品から食物繊維をとっていますか?」と聞かれると、多くの人は「野菜」と答えるのではないでしょうか?

 

実際に食物繊維というと、キャベツ、レタスなどの野菜や、ゴボウ、イモなどの根菜類が多く含まれています。

 

もちろん、野菜は重要な食物繊維の摂取源なのですが、実は日本人の摂取源の1位と2位は、白米と食パンなのです。

 

白米は100g当たりの食物繊維が0.5gとそう多くはありませんが、日々食べることで量を多く摂取しているため、結果的に最大の摂取源になっているわけです。

 

そんな食物繊維ですが、日本人は男女とも食物繊維が不足していると言われています。

 

食物繊維の1日の摂取量

 

私たちが健康を維持するために摂取すべきとされる1日当たりの食物繊維の摂取目標量は、男性で20g以上、女性で18g以上です。

 

しかし、実際は成人男性で15.4g、成人女性で14.7gとおよそ4〜5g不足していると言われています。

 

シニア層は食生活に気を配っている人が多いので、若い人よりも状況は良いのですが、20〜30代男女の若い世代は食物繊維不足の人が多いのです。

 

40代男性で13.9g、50代男性で14.8g、60代男性で16.8gと摂取目標量に達していません。

 

食生活の変化

 

加齢とともに腸内環境も悪化し、それにともなって病気のリスクが高まるので、今以上にしっかり食物繊維を摂取することが重要になるのです。

 

ちなみに、日本人の食物繊維の摂取量は今から60年以上前の1955年には1日当たり22.5gの食物繊維を摂取していました。

 

その後時代が進むにつれて摂取量は減少し、今では15gを切るまでに減っているのです。

 

つまり、日本人の食物繊維の摂取量が徐々に減ってきた要因は、主に“穀物の摂取不足にある”と考えられるのです。

 

野菜や海藻などには食物繊維が多く含まれていますが、毎日大量にとるのはなかなか難しいですよね。

 

主食から食物繊維

その点、主食は毎日一定量を食べるわけですから、無理せずに食物繊維をとれるのは大きなメリットですから、穀物もしっかり食べることは大事なことです。

 

とはいえ、健康診断で血糖値や中性脂肪値がひっかかり、糖質を抑えるように医師などから指導されている人も少なくないかと思います。

 

そんな時は食物繊維を多く含む全粒穀物に置き換えることをお勧めします。

 

食物繊維の多い全粒穀物にすることで、より効率良く食物繊維をとれるようになりますし、食べる量もその分抑えやすくなります。

 

雑穀米

 

普段のお米に食物繊維が豊富な雑穀米を混ぜて食べると食物繊維が豊富に摂取ができます。

 

中でもはくばく 業務用十五穀ごはん もち麦ブレンド 1000gはもち麦がブレンドされているので他のものよりも食物繊維が豊富で食感もモチモチしておいしいです。

 

はくばく 業務用十五穀ごはん もち麦ブレンド 1000gはもち麦がブレンドされているので他のものよりも食物繊維が豊富で食感もモチモチしておいしいです。

白米に混ぜて炊くとそれほど違和感なくモチモチ感も楽しめます。野菜で食物繊維が摂ることができないという人にはおすすめです。

 

まとめ

 

食物繊維は身体にとってとても大切なものですから、毎日摂る主食からぜひしっかり摂りたいものですね。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

楓楽の会員様限定キャンペーンや身体に嬉しい情報が届く『メルマガ』を配信中★
登録はこちらから♪
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx24617/furaku

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆