こんにちは篠崎です。今年の冬は暖冬と言われていますね。しかし冷え性の人にとってはやはりつらい冬ではないでしょうか?

 

冷え性にはしょうががいいという話は聞いた事がある人も多いと思いますがしょうがの摂取の仕方によってその効果も変わると言われています。今日は冷え性改善の為のしょうがの摂り方とその効果のお話をします。

 

しょうがの働き

 

冬の寒さの冷え性対策として有名なのはしょうがですがしょうがはなぜ冷え性にいいと言われるのでしょうか?

 

しょうがには効炎作用、鎮痛作用、殺菌作用、血液さらさら効果、血行促進効果、整腸作用という効能があります。

 

これらの効能はしょうがに含まれる「ジンゲロール」や「ショウガオール」という働きです。

 

これらの成分が血流をよくする働きがあり、肩こりや疲労回復に効果があります。

 

しょうがの成分

 

生のしょうがには「ジンゲロール」という成分が含まれていて乾燥したり加熱すると「ショウガオール」という成分に変化します。

 

生のしょうがに含まれる「ジンゲロール」は身体の末端の血管を広げ手先、足先を温めるのですが発汗作用があるので逆に身体を冷やしてしまいます。

 

殺菌作用や咳をやわらげる効果があるので風邪の時に食べると良いと言われています。

 

「ジンゲロール」を加熱や乾燥すると「ショウガオール」に変化します。

 

「ショウガオール」は身体を中から温める働きがあります。なので冷え性を改善する目的でしょうがを摂るなら必ず加熱したしょうがを摂る必要があります。

 

最近では粉末のしょうがも売っていますが中にはフリーズドライという製法で乾燥させているものもあります。フリーズドライ製法は加熱をせずに乾燥させています。

 

同じ乾燥しょうがでも加熱してから乾燥させているものを摂るようにして下さい。熱を加えて乾燥させると「ショウガオール」が一段と増えます。

しょうがの摂りすぎに注意

 

冷え性を改善しようとしょうがを食べても結局は身体を冷やしていたというのではいけないですね。また冷え性を改善したくて一度にたくさん摂りすぎるのもいけません。

 

ショウガオールは食べすぎると胃腸を刺激しすぎるので冷え性改善の前に胃腸が荒れてしまう可能性があります。

 

しょうがの摂取量は1日10gとされていておろししょうがは小さじ一杯、乾燥しょうがで小さじ半分が目安です。

 

粉末しょうが

 

市販の粉末乾燥しょうがを使うと簡単に毎日摂ることができます。

 

ドリンクに入れたり、料理に使ったりととても便利です。

 

人気のものは国産のです。国産のものなら味も香りもそれほど変わりはないのですが製造工程で蒸す作業があるものがおすすめです。

 

高知県産乾燥粉末しょうが(ウルトラ生姜)パウダー100g【殺菌蒸し工程・1cc計量スプーン入り】

 

こちらの商品は製造工程で加熱処理をしています。無糖なのでドリンクや料理に何でも使えます。

 

スーパーなどではまだあまり見かけることが少ないののでネットなどで購入されると良いですね。

まとめ

身体にいい。冷え性にいいといわれているしょうがですがその摂取の仕方で逆効果になってしまうことになります。冷え性改善目的でしょうがを摂るなら乾燥しょうがもしくは火を通してから摂る。摂取量は1日10gを守る。これで冬の温活をしましょう。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

楓楽の会員様限定キャンペーンや身体に嬉しい情報が届く『メルマガ』を配信中★
登録はこちらから♪
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx24617/furaku

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆