こんにちは篠崎です。夏も近づいてきましたね。まだ5月なのに30度を超える日があり、夏本番になるとどんなに暑いのだろうと心配になります。夏に向けてダイエットを始める人も多いのではないのですか?せっかくダイエットに成功してもリバウンドせずに体型を維持することは大変な事かもしれないですね。今日は体型を維持する秘訣についてお話をします。

体型を維持するためには

がんばってダイエットに成功した人の誰もが、ずっとこのままの体型を維持したいと思っている事でしょう。でもダイエット生活をやめた途端に元の生活に戻り、リバウンドしてしまったという話もよく聞きます。痩せて体型を維持することは本当に難しいのでしょうか?

体型を維持している人の多くは、ダイエットを始めた時点からダイエットを日常生活に組み込んで習慣にしている人が多いのです。だから痩せたらダイエットをやめるのではなく成功しても当たり前に太らないような生活ができるのです。

ダイエット中に無理な食事制限や激しい運動をして痩せることができてもずっとその無理な生活を続ける事は難しいと思います。無理のないダイエットで日常生活に組み込んで毎日の習慣にしているとダイエットを止めてもリバウンドはしないです。

体型を維持する食事の方法

食事をするのに最もふさわしい時間帯は正午から午後8時までの間です。色々なダイエット方法がありますが正午から午後8時は、食べることと食べたものを分解する機能が最も活発になります。午前中はなるべく食事をせずに果物をたくさん食べるのが一番太らない習慣です。

もう一つは夜遅くに食べる習慣をやめましょう。午後8時以降に食事すると、消化吸収作業を中止させて、食べ物の分解作業をしてしまうので、朝になっても消化吸収作業が終わらないことになります。そうなると排泄も妨げ、消化吸収を終えきれなかった食べ物が体内に取り残され、そして最終的には、体脂肪となってしまうのです。ダイエット中から夜遅くに食べるのをしないようにしているだけでリバウンドはしないでしょう。

ストレスなしのダイエットを習慣にする

せっかく苦労して痩せたその体型を維持していくためにダイエットで身に着けた良い習慣を続けていきましょう。でもこの習慣がストレスになっていると感じるのでしたら、すぐにやり方を見直しましょう。苦痛やストレスを感じたままでは、リバウンドをまねくことになります。

空腹を我慢せずに果物と野菜を食べる量をもっと増やしてお腹を満足させましょう。たとえば鳥の唐揚げが好きだとしたら、果物と野菜をたっぷりと食べた後で、サニーレタスなどを2、3枚使って唐揚げをぐるぐる巻きにして食べてください。このように工夫をしながら少しずつ唐揚げを食べる量を減らしていけば無理がかからずに続くのではないでしょうか?ダイエットを習慣にするためには、たまには好きなものを食べて、無理をしないで続けるのが一番です。

まとめ

ダイエットをしてもする40代女性がスリムで、一生太らない体型の維持は難しいのです。だからダイエットは長期計画、痩せたら終わりという一時的なものにせず、ダイエットを日常の生活に組み込んで「習慣」にしていきましょう。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

楓楽の会員様限定キャンペーンや身体に嬉しい情報が届く『メルマガ』を配信中★
登録はこちらから♪
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx24617/furaku

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆