こんにちは篠崎です。最近筋トレをサボり気味なのでお腹のたるみが気になりだしました。またきちんと始めないと行けないと焦りはじめています。今日はダイエット中の停滞期についてお話します。

ダイエット中の停滞期

ダイエットを初めて何日か経つと体重や体脂肪に変化がなくなる「停滞期」を迎えます。これまで通り食事や運動を頑張っていても体重や体脂肪が一向に減らない状況になります。これが「停滞期」です。

「停滞期」によりやる気がなくなり、自分はダイエットは向いていないと挫折してしまう人も多いですが、この「停滞期」さえ抜け出せればダイエットに成功するという事なのです。

「停滞期」の原因

「停滞期」はなぜ起きるのでしょうか?ダイエットを始めて体重がある程度減ってくると身体が危険と認識してしまいます。カロリーの消費を抑えて栄養を蓄えるようになります。今まで通りに食事や運動を同じように続けていても痩せなくなってしまうのです。

ダイエット中の「停滞期」は体重が5%減った頃、もしくはダイエット開始1ヵ月前後で起きる事が多いですね。個人差はありますがダイエットを始めると必ず訪れます。「停滞期」の期間も人それぞれ違っていて2週間から1ヵ月くらいと言われています。

「停滞期」の脱出方法

「停滞期」に入ると体重が減らなくなるのでダイエットをあきらめてしまいがちですが「停滞期」を乗り越えるとダイエットに成功できます。「停滞期」は身体が省エネの状態なのでエネルギーをとってあげると「停滞期」は抜け出せます。

その方法として糖質を摂る事です。糖質といえば、炭水化物や砂糖に含まりれており、太る原因のひとつと言われていてダイエット中はなるべく避ける人が多いのですが、停滞期脱出のためには必要不可欠な栄養素なのです。

脳がこれ以上エネルギーを使わないようにと指令を出している状態の時、身体はなるべくエネルギー源である「脂肪」を燃やさないようになり、体重に変化が現れづらくなります。糖質を摂るとすぐにエネルギーとなるため脳がエネルギー不足を解除して脂肪が燃え始めます。

糖質の摂り方

糖質を摂ると言っても糖質ばかりたくさん摂るとやはり太ってしまいますのでその方法を考えなくてはいけません。停滞期に入ったら、運動する日のランチにおにぎり1個を食べましょう。おにぎり1個の糖質は50gと1日の糖質摂取量の1/3弱なので安心して摂取できる量です。

適度な糖質摂取によってエネルギー源が確保され、運動により脂肪燃焼効果がアップします。何よりも「停滞期」に入って痩せなくなったからといってダイエットを途中でやめてしまったり今まで我慢していたものを一気に食べてしまったりするとリバウンドの原因になるので気をつけて下さい。

まとめ

「停滞期」かどうかを知るためにも毎日の体重、体脂肪測定は欠かさず行いましょう。「停滞期」に入っても焦らずに今まで通りにダイエットのメニューを実施して1日におにぎり1個程度のエネルギー源を摂れば「停滞期」は必ず抜け出せますのでダイエットを頑張っている人はあきらめないで下さいね。

失敗する原因をすべて排除したダイエットはこちら↓↓↓

http://iwasenishiseikotuin.com/pages/special/002732.html

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

楓楽の会員様限定キャンペーンや身体に嬉しい情報が届く『メルマガ』を配信中★
登録はこちらから♪
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx24617/furaku

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆