ダイエットされている方で多いお悩みが「下半身がなかなか細くならない」です。

 

 

食事でカロリー制限などをしてもなかなかお尻や太ももが細くならない、と感じている方もいると思います。

 

 

お尻や太ももがなかなか細くならない原因はあなたの「骨格」かもしれません。

 

 

今日は太ももが太く見えてしまう原因とその対処法をお伝えしようと思います。

 

 

スポンサーリンク


 

なぜ太ももが細くならないのか

太ももが細くならない方のほとんどが股関節に原因があります。

 

 

骨盤から付いている股関節が屈曲かつ内旋(前に曲がって内側にひねられている)状態になると股関節の大転子という場所が外側にせり出してきます。

 

 

こうなると正面から見たときに股関節自体の横幅が広くなってしまうのです。

 

 

つまりいくらダイエットで食事制限をしようと骨格の幅自体が広くなっているので太ももは細くならないのです。

 

 

したがって太ももを細く見せるためにはこの股関節の屈曲と内旋を元に戻してあげる必要があるのです。

 

 

今からこの股関節を正常に戻すストレッチをお伝えします。

 

 

左右1分ずつでいいのでぜひおこなって見てください。

 

 

 

股関節を戻すストレッチ

まずは立った状態で戻したい方と反対の足を一歩前に出します。

 

 

後ろの足はかかとが上がってもいいので膝はなるべく曲げない意識でおこなってください。

 

 

次に前に出した方の膝を曲げていきます。

 

 

このとき注意するのは上体もいっしょに前に曲がらないようにしてください。

 

 

上体はまっすぐをキープしたまま前の足の膝を曲げていきます。

 

 

股関節の前側が伸ばされている感覚があると思います。

 

 

さらにその状態のまま体を横に倒してください。(前足が右なら右に倒します)

 

 

このとき顔はできるだけ後ろを見るようにするとさらにストレッチ効果が高まります。

 

 

この状態で30秒を2セット行います。

 

 

このストレッチをおこなうと股関節の屈曲と内旋を同時に戻すことができます。

 

 

太ももを細くするのに効果抜群なのでなかなか細くならないとお悩みの方はぜひお試しください。

 

 

 

ちなみに腰痛改善の効果もあります。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

楓楽の会員様限定キャンペーンや身体に嬉しい情報が届く『メルマガ』を配信中★
登録はこちらから♪
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx24617/furaku

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆