こんにちは篠崎です。雨の降る日は体調が悪いと言う人が多いですね。特に女性は天候によって体調が左右されやすいと言われています。雨が降る前に頭痛がしたり、体がだるいと言う人が少なくありません。この梅雨時期は、気候も不安定で体調崩す人が多いのは何故でしょうか?今日は梅雨に体調不良になりやすい原因とくにむくみになりやすい原因のお話をします。

梅雨と頭痛の関係

天気によって頭痛やめまいやだるさがでるのは天気と言うよりも気圧が関係していると言われています。症状としては頭痛が1番多いのですがめまいやだるさなど自律神経に関する症状が出てしまうことが多いです。またもともとある痛みが悪化してしまう場合や関節痛なども出てしまうこともあります。

雨や台風が近づくと気圧が下がりますが、その変化をキャッチしているのが耳の奥に位置する内耳。内耳の前庭という部分に、気圧の変化を感じ取るセンサーがあると考えられます。気圧が下がると前庭が刺激を受けて過剰に興奮し、その情報が脳へと伝わり、自律神経にストレスを与えて痛みや不快な症状を引き起こすのです

梅雨の時期のむくみ

この時期むくみを感じる人も多いようです。外部の湿度が高くなるため身体の流れも乱れてきます。代謝も落ちてきて体内の水分の調整も難しくなります。また雨が続くと運動不足にもなりがちです。日頃、歩いて行く場所にでも車やタクシーを利用してしまうなど身体を動かさなくなります。

この時期のむくみは日頃の生活も関係しており、甘いものをよく食べる人はとくにむくみやすいそうです。砂糖には水分を溜め込みやすい性質があります。体内で水分が滞ると胃や膵臓などが弱り、消化不良を起こしやすくなります。蒸し暑いので冷たいものばかり飲んでいると身体が冷えて水分を溜め込んでしまいます。

むくみや頭痛にならないようにするには

むくみを防ぐには運動して全身の血流を良くしてあげることです。しっかりお風呂に入って体を温めることも大切です。何よりも自律神経を整えることが大事なので睡眠がとても重要になります。毎朝同じ時間に起きてよりも来ない時間に寝ると言う生活リズムを整えてあげると良いでしょう。

食事を気をつけるだけでもむくみは防げます。塩分や糖質の摂り過ぎでむくみがでます。濃い味つけの人は
気をつけましょう。また身体を冷やす食材を避けた方がいいでしょう。とくに夏野菜のきゅうりやナスなどは身体を冷やします。飲み物もなるべく常温で飲み、暖かいものならなおさらいいですね。

まとめ

梅雨の時期ジメジメしてなんとなく気持ちも沈みがちですね。だるい、頭痛がするという人も身体のケアはもちろんのことですが気分転換も大切だと思います。楽しい事や新しい発見などすると外側にエネルギーがむくので身体も元気になります。雨の日にこそ出掛けみてはいかがでしょうか?

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

楓楽の会員様限定キャンペーンや身体に嬉しい情報が届く『メルマガ』を配信中★
登録はこちらから♪
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx24617/furaku

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆